シリーズ最上位機種となるUP BOXは、UPPlus2特有の精度や使いやすさを引き継いだまま積層ピッチを0.1mmまで高め、かつ従来に比べ30%速い速度での印刷が可能。
2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
 

トップ > 3Dプリンター > 3Dプリンター UP BOX+(プラス)

3Dプリンター UP BOX+(プラス)

税抜価格:¥320,000

新型デスクトップ3Dプリンター「UP BOX」がバージョンアップし、新たに「UP BOX+(プラス)」として発売が発表されました。この新機種は一般の業務や教育目的だけでなく、3Dプリンターに精通するプロのユーザーを対象としており、米国で「使いやすさNO.1」を受賞したUPシリーズです。
 

シリーズ最上位機種となるUP BOX+は、UP BOX特有の精度や使いやすさを引き継いだままWi-Fi機能や、フィラメント点検センサーの搭載、電源が落ちてしまったときでも再開が可能になりました!
 

・出荷前点検済

・日本語取扱説明書付き・追加資料付き
・配送料無料
・保証については正式販売代理店様の12ヵ月 無償保証サービスが適用されます。

《注意》
※当店で販売されている「FilaFlexフィラメント」はこちらの3Dプリンターのみでは出力ができません。

製造元 : Tiertime
価格 : 345,600円(税込)
数量
 

1万円以上は配送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ




主なUP BOX+のバージョンアップ箇所

●Wi-Fi機能搭載:Wi-Fi機能が搭載されたことで離れたところから、操作ができるようになりました。
 

●フィラメント点検センサー搭載:造形途中にフィラメントが無くなっても、自動的にその時点で一時中止します。これによりフィラメント不足による造形失敗が改善されました。
 

●電源が落ちても再開可能:従来のUP BOXであれば、造形途中に何らかの原因で電源が落ちたり、電源スイッチをOFFにすると、再度最初から造形しなければなりませんでしたが、UP BOX+は電源が落ちた時点から造形を再開することができます。
 

●メインボードの改良:静電気防止効果が上がりました。
 

●ヘッド構造の改良:冷却ファンが1つ追加され放熱効果がアップしました。またヘッドカバーのデザインも一新しました。
 

●調整センサーケーブル:丈夫なケーブルを採用することで、断線等の故障発生を防ぎます。
 

●シャッターの装着:シャッターがあることで、機械内部に残ったフィラメントのゴミなどの掃除をスームズに行うことができます。


 

ページトップへ